NEWS

happy new year 2019

2018年は今まで以上にたくさんのお客さまに真珠の魅力をお伝えさせていただくことができたと嬉しく感じられた1年でした。黒蝶真珠のユニークな美しさだけでなく、アコヤ真珠のたおやかな輝きが小粒でもどれほどに存在感があり、出会った方々のこころを惹きつけて離さないか…ということを、お客さまのお顔の表情をこちらが拝見していて再認識させていただけたほどです。

そんな中、多くのお客さまから「真珠の美しさを保つにはどうしたらよいの?」とのご質問をいただくのですが、私は即座にズバリ「恐れずにたくさん着けてあげてください。それが美しさを持続させる秘訣です。」とお答えします。すると、「え?! そうなのですか?」と驚かれる方がこれまたたくさん。

真珠は「いきもの」なのです。真珠貝が自身の殻の中で育んだもの。鉱物とは全く異なる存在です。高温や直射日光は苦手、お化粧品などの薬品はもちろん、ヒトの汗にも弱いのは確かです。だからと言って、宝石箱に仕舞いっぱなしではなく、清らかな空気に触れさせてあげてほしいのです。めったに着けなくても、いえ、めったに着けないからこそ、真珠は経年劣化してしまうのです。機会が許せば身に纏い、そしてその都度乾いたクロスでやさしく拭いて労っていただき、ネックレスであれば2~3年に一度の糸替えをオススメしていますし、ペンダントやピアス、リングに関しては、拝見させていただいた上、適切なメンテナンスをご提案しています。(こちらはダイヤモンドなど他のジュエリーに関しても同じです)

美しく装うことは、ご自身のお気持ちが高揚するばかりでなくご一緒なさる方のおこころが和むことにきっとつながってゆくことでしょう。そんな気持ちを私自身も忘れずに装うことを楽しみながら、新しいこの一年も美しい真珠そしてジュエリーをみなさまにご紹介させていただけましたら幸いです。

今年もいきいきと輝いて…
どうぞよろしくお願い申し上げます